1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅ローン
  4. 今ある借金を住宅ローンに組み込む方法!おまとめローンで借金は一本化できる

BLOG

ブログ

住宅ローン

今ある借金を住宅ローンに組み込む方法!おまとめローンで借金は一本化できる

今ある借金を住宅ローンに組み込む方法!おまとめローンで借金は一本化できる

住宅ローン申し込みにあたって、今ある借金を組み込みたいと考える人も多いでしょう。組み込みによって月々の返済額が減ると、生活も楽になりますよね。

そこで本記事では、今ある借金を住宅ローンに一本化できるのか紹介します。

  • 借金返済中だがマイホームを購入したい
  • 住宅ローンに借金をまとめて返済負担を軽くしたい

そうお考えでしたら、ぜひ内容を参考にしてみてください。

記事制作:暮らしのすぱいす株式会社

「暮らしのすぱいす」は、借金を住宅ローンにまとめるサポートを行う会社です。
借金や住宅ローン審査でお困りの方、ぜひ気軽にお問合せください!ご相談は無料です

\LINEで「くらすぱ」に相談する/

審査通過でAmazonギフト券1万円プレゼント

借金を住宅ローンに組み込む一本化は可能?

住宅ローンで借金一本化は可能?

結論から申し上げますと、住宅ローンに借金を組み込む一本化は可能です。

しかし「住宅ローンでの借金一本化」に対応している銀行や金融機関は限られます。どちらかといえば、一本化に対応していない銀行が多いでしょう。

そこで借金一本化への対応が可能な金融機関を探す必要があります。

住宅ローンの借金の組み込み(一本化)に対応していない銀行や金融機関が多い理由

住宅ローンでの借金一本化に対応していない金融機関が多い理由

なぜ住宅ローンでの借金一本化に対応していない銀行や金融機関が多いのでしょうか。

その理由として考えられるのが次の2つです。

  • ローンの目的が違うから
  • ローンの金利が違うから

2つの理由について、それぞれチェックしてみましょう。

①ローンの目的が違うから

住宅ローンでの借金一本化に対応していない金融機関が多いのは、ローンの目的が違うからです。クレジットカードやカードローンでの借金は、使途自由の「フリーローン」に該当します。そして住宅ローンは目的別ローンの1つで、マイホーム取得が目的です。

目的別ローンには、ほかにも次のようなものがあります。

  • カーローン
  • ブライダルローン
  • 医療用ローン
  • 教育ローン

銀行で、目的別ローンのポスターやパンフレットを見かけた経験がある人も多いでしょう。目的別ローンの用途は限定されているため、基本的にはほかの目的では使えません。

②ローンの金利が違うから

ローンの金利が違うのも、対応していない金融機関が多い理由として挙げられます。

融資商品のなかで、もっとも低い金利となるのが住宅ローンです。消費者金融やクレジットカードの金利とは大きく違います。

このような理由から「まとめられない」としている金融機関が多くなっているのです。

ただし、住宅ローンへの借金一本化に対応している金融機関・銀行が一部存在します。

もし、今ある借金を住宅ローンに組み込みたいと思うのであれば、借金のおまとめに対応している限られた銀行・金融機関で住宅ローン審査に通過する必要があります

今ある借金を住宅ローンに組み込むメリット

今ある借金を住宅ローンに一本化するメリット

借金でお困りなら、住宅ローンへの一本化を考えてみましょう。

住宅ローンを使った借金の一本化には、次のようなメリットがあります。

  • 金利を下げられる
  • 月々の返済額を抑えられる
  • 支払いの管理が楽になる
  • マイホームが手に入り家賃が不要になる

メリットについて1つずつ解説します。

金利を下げられる

借金を一本化すると、金利が下がります。

クレジットカードやカードローンでの金利は、15~18パーセントが一般的です。

利息制限法により、借り入れ額によって上限金利は違います。

~10万円年20パーセント
10万円~100万円未満年18パーセント
100万円~年15パーセント

しかし住宅ローンは借り入れ額も大きいため、大幅に金利が低くなるのです。

月々の返済額を抑えられる

住宅ローンの一本化では、月々の支払額を抑えられるというメリットもあります。

住宅ローンにまとめることで返済期間が延長され、金利が下がるので、結果的に月々の返済額を抑えられます。

返済が大変だと感じているのなら、一本化によるメリットは大きいでしょう。

支払いの管理が楽になる

一本化は、支払いの管理が楽になるのも大きなメリットです。以下のように、月に何度も金額が違う返済を行っていて、管理が大変な人も多いでしょう。

【例】
A社→10日
B社→15日 
C社→27日

一本化すると、支払いが1つになり、いくつも管理する必要がなくなります。

結果的に返済忘れのリスクも減らすことが可能です。

マイホームが手に入り家賃が不要になる

住宅ローンによる一本化では、マイホームが手に入り家賃が不要になるのもメリットです。実際に暮らしのすぱいすで一本化した事例を見てみましょう。

事例_1

この事例では、ローンの返済と家賃を合わせて月々24万円だった支払いが一本化することで12万円まで減っています。住宅ローンでの借金一本化なら、大幅な返済額の削減も可能になるのです。

将来的にはマイホームを考えているのなら、借金をまとめる一本化を検討してみましょう。

▼実例をもっと見てみたい方はこちら

借金があっても住宅ローンの審査に通るパターン

借金があっても住宅ローンの審査に通るパターン

借金があるからといって、必ずしも住宅ローンに落ちるとは限りません。そこで借金があっても住宅ローンの審査に通るパターンを紹介します。

考えられるのは次のようなパターンです。

  • 信用情報に問題がない
  • 件数や金額が少ない
  • 返済負担率が低い
  • 頭金が多い
  • 申し込み前に借金を完済する

しかし上記の条件にあてはまらない場合でも、相談先によっては審査に通る見込みがありますので安心してください。

暮らしのすぱいすなら、上記の条件にあてはまらない方でも審査に通った実績があります。

住宅ローン審査に不安がある方は、ぜひ暮らしのすぱいすへご相談ください。ご相談者様ひとりひとりの状況に合わせて、住宅ローン通過のためのアドバイスをさせていただきます!

>>暮らしのすぱいすLINE相談窓口へ(審査通過でAmazonギフト券10,000円プレゼント中!)

では参考までに、一般的に住宅ローンの審査に通るとされているパターンをチェックしておきましょう。

信用情報に問題がない

借金があっても、信用情報に問題がないと住宅ローンの審査に通る可能性があります。

信用情報とは、クレジットカードやローンの契約・申し込みに関する情報です。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。 そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

(引用:CICが保有する信用情報|信用情報とは|指定信用情報機関のCIC

日本には、以下3つの信用情報機関があります。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

返済に遅れがあると、信用情報に遅延情報が登録されてしまい、審査に通るのが難しくなる金融機関もあります。

件数や金額が少ない

借り入れの件数や金額が少ないと、住宅ローン審査通過の見込みが高くなります。逆に次のような状況だと、金融機関によっては住宅ローン審査通過が難しくなるかもしれません。

  • 借り入れの件数は少ないが金額は多い
  • 金額は少ないが借り入れ件数が多い

このような場合は、借金問題に理解がある会社に相談して、対策を取るのがおすすめです。

返済負担率が低い

返済負担率も、住宅ローン審査に影響する大きなポイントです。数字が低いのであれば、審査に通る可能性は高くなるでしょう。

返済負担率は次の式を使うと自分でも計算できます。

返済負担率=年間返済額÷税込み年収×100

一般的に、返済負担率が30パーセントを超えると審査通過が難しくなるといわれます。

返済率を下げる方法は、「返済額を減らす」「年収を上げる」のどちらかです。しかし年収を上げるのは簡単ではありません。そこで返済額を減らすのが現実的です。だからといって毎月最低返済額だけを返していると、借金の総額が減らないので注意してください。

無理のない範囲で毎月の返済額を増やし、残高を減らしていきましょう。

頭金が多い

頭金が多いと、住宅ローンの審査では有利に働きます。なぜなら借り入れの総額を減らせるからです。

ただし頭金を入れても、借金が多いと返済負担率が高くなってしまいます。

借金があるのなら、頭金にするより返済に回すのがよいかもしれません。

申し込み前に借金を完済する

借金があっても、申し込み前に完済すると審査に通過する可能性が高くなります。1社から少額の借り入れをしている状況なら、まず完済するのがおすすめです。

ただし完済しても、そのまま借り入れできる状態にしていると審査に影響が出るおそれがあります。

そこで借金を完済したら、忘れずに解約しておきましょう。

住宅ローンで借金一本化するなら「暮らしのすぱいす」に相談!

住宅ローンで借金一本化するなら「暮らしのすぱいす」!

住宅ローンの審査に通るパターンを見てあてはまらない条件があり、不安になった方も多いでしょう。

そんな方にこそ利用してほしいのが「暮らしのすぱいす」です。

今ある借金を住宅ローンに組み込むなら、対応している金融機関で上乗せ・借り換えをする必要があります。しかし対応している金融機関を自分で探すのは大変です。

そこで住宅ローンでの借金一本化なら、暮らしのすぱいすへの相談を考えてみてください。暮らしのすぱいすに相談すると、審査のタイミングやどの金融機関に申し込めばよいのか、適切なアドバイスが受けられます。

一般的な「審査に通過するパターン」にあてはまらない方でも、暮らしのすぱいすなら助けられる場合もあるのです。金融機関を自分で探すよりも効率がよく、審査通過の可能性も高められるでしょう。

実際に、複数の借り入れがあったり過去に審査落ちしたりしていても、無事に住宅ローン審査に通過してマイホームを手に入れた方が大勢います。

相談の流れと審査通過事例も紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

暮らしのすぱいすで住宅ローン審査に通過した人も大勢います。

相談の流れと審査通過事例についても、ぜひチェックしてみてください。

暮らしのすぱいすでの相談の流れ

「ローンをまとめたい」と考えている人向けに、暮らしのすぱいすでの相談の流れを紹介します。流れは以下の通りです。

  1. LINEでアンケートに答える
  2. ヒアリングを受ける
  3. 住宅ローンの申し込みをして審査を受ける

流れについて、さらにくわしく見ていきましょう。

①LINEでアンケートに答える

まずはLINEでの1分審査です。暮らしのすぱいす独自の審査基準で住宅ローンに通るのか、簡易審査を行います。

最初に、LINEアカウントを友だち追加してください。すぐにメッセージが届きますので、手順に従ってアンケートに答えましょう。利用してもLINEに電話が来ることはないので安心です。

過去に他社のローン審査で落ちた人でも、暮らしのすぱいす基準だと通過する可能性があります。無料ですので、まずは試してみましょう。

②ヒアリングを受ける

LINEでのアンケートを送ると、希望に応じて電話または対面でヒアリングが行われます。もちろんヒアリングも無料です。

ヒアリングでは住宅ローン審査のアドバイスも受けられます。しつこい勧誘や営業などは一切ありません。秘密厳守で対応していますので、家族に借金を隠している方でも安心して相談できます。

家族に隠している借金も、隠さずに伝えてください。

③住宅ローンの申し込みをして審査を受ける

暮らしのすぱいすが、お客様の状況に合った方法を提案します。提案内容に納得したら、住宅ローンの申請に必要な情報を提出しましょう。

申込みの内容をもとに、金融機関が住宅ローン審査を行います。

無事にローンの審査に通過すると、家づくりのスタートです。

暮らしのすぱいすの住宅ローン通過事例

暮らしのすぱいすを利用して、住宅ローンの審査に通った実際の事例を2つ紹介します。

いずれも、借金がある状態で審査に通った事例です。

似たような状況なら、申し込みにあたっての参考になるでしょう。

どのような事例があるのか、ぜひチェックしてみてください。

事例①借金460万円からの審査通過

借金の内訳カーローン約300万円・カードローン約160万円
年収約500万円
状況過去の借り入れで異動情報があり、3年前の住宅ローン申し込みでは審査落ち

過去に異動情報があって、住宅ローンに審査落ちしていたという事例です。

異動情報とは、信用情報機関に登録されているネガティブな情報を意味します。具体的には、延滞・代位弁済・貸し倒れ・債務整理などです。異動情報が登録されていると、住宅ローン審査の通過は難しくなります。

しかしこの事例では、異動情報があっても住宅ローン審査に通過したのです。

借り入れがあっても、状況によっては審査に通過する可能性があるでしょう。

事例②借金750万円からの審査通過

借金の内訳カーローン約200万円・カードローン約140万円
年収約420万円
状況過去に2~3回遅延あり

過去に遅延がある状態で審査に通過した事例です。暮らしのすぱいすでは、この事例でも審査通過に成功しています。

この事例で決め手となったのが、借り入れ件数の少なさや安定した収入です。

借り入れ件数が少なく収入が安定しているのなら、審査に通って借金を一本化できる見込みがあると考えられます。

暮らしのすぱいすに借金の一本化を相談するメリット

暮らしのすぱいすに相談するメリット

借金のおまとめなら、ぜひ暮らしのすぱいすに相談してみましょう。

暮らしのすぱいすに相談するメリットは次の3つです。

  • 住宅ローンの審査通過率が高い
  • 家族に借金を内緒にしたまま申し込める
  • 借金を一本化できる

人によって、メリットだと感じる部分には違いがあるものです。

そこで自分にとってメリットとなるか、ぜひチェックしてみてください。

メリット①住宅ローンの審査通過率が高い

暮らしのすぱいすには、住宅ローンの審査通過率が高いという大きなメリットがあります。審査通過率が高いのは、暮らしのすぱいすに、独自のノウハウと高い交渉力があるからです。

  • 他社では審査に落ちてしまった
  • 借り入れがあって住宅ローンが申し込めるか不明

そんなときは暮らしのすぱいすへの相談を検討してみてください。

メリット②家族に借金を内緒にしたまま申し込める

家族に借金を内緒にしたまま申し込めるのも、暮らしのすぱいすのおまとめローンを利用するメリットです。

「事情があって借金をしたものの、家族には話していない」という人も多いでしょう。身近な相手にこそ打ち明けられないと感じる人も少なくありません。

しかし暮らしのすぱいすなら、家族に借金を隠したままで住宅ローンに申し込めます。借金を内緒にしたい人にとっては、大きなメリットになるでしょう。

メリット③借金を一本化できる

複数の借金を一本化できるのも、暮らしのすぱいすに相談するメリットです。

借金が複数あると支払日も違い、管理が大変になってしまいます。しかし暮らしのすぱいすで借金を一本化すると管理が楽になるでしょう。借金を一本化すれば、月々の返済額も減らせます。

返済負担が大きく大変だと感じているのなら、ぜひ一本化を検討してみてください。

>>暮らしのすぱいすLINE相談窓口へ(審査通過でAmazonギフト券10,000円プレゼント中!)

今ある借金を住宅ローンに組み込むなら暮らしのすぱいすへ!

三村と藤村

住宅ローンによる借金1本化は可能です。

今ある借金を住宅ローンに組み込むなら、ぜひ暮らしのすぱいすにご相談ください。暮らしのすぱいすのおまとめローンなら、月々の返済額を減らせます。

サービスはすべて無料です。途中から有料になるといったことはありません。その理由は、金融機関や不動産会社から広告費をいただいているからです。貯金がなくても、借金があっても、初期費用をかけずに家が建てられます。

今ならLINE登録後の1分審査を通過し、ローン審査した人全員に、Amazonギフト券10,000円分をプレゼント中です。

  • 過去に審査に落ちた経験がある
  • 頭金がない
  • 家族に内緒で借金をしている

そんな状況であっても、暮らしのすぱいすなら審査に通過する可能性があります。

秘密厳守で対応しておりますので、安心してご相談ください!

\LINEで簡単!/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事